海外編       世界遺産の旅         スペイン-4/18
世界遺産の名称=グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区 (1996年登録)

       ヘネラリーフェ庭園 (アルハンブラ宮殿)    (グラナダ)     
王が避暑する為の離宮。季節の花が咲き乱れ楽園の様です。配色が考慮された植え込みがされていて、ここは緑と赤のコントラストが素晴しいです。

アセキアの中庭。水路を囲んで咲き乱れる花々、またふんだんに水を利用した庭園は見事で美しく、昔から砂漠の乾燥地帯で育ったイスラムの人々が水を愛した事がうかがえます。


よく手入れされた庭木、植え込みも配
色のバランスが考慮されています。
   

Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     スペイン-4/18 
 
inserted by FC2 system