海外編       世界遺産の旅         ロシア-5/11
世界遺産の名称=サンクト・ペテルブルグ歴史地区(1990年登録)
エカテリーナ宮殿 (サンクト・ペテルブルグ)
・1756年完成、女帝エテカリーナ2世の「夏の宮殿」は長さは300mもあり壮麗な建築物です。江戸時代、1791年、ロシアに漂流した黒田屋光太夫は、この宮殿で王妃に謁見し帰国への支援を直訴しました。

・建物といわず中庭も色彩豊かな配色がされています。

・青と白と金の装飾が見事な宮殿です。 ・突き出ている金色のドームは礼拝堂です。

・門は青と白、外柵は金色と統一された配色はまばゆい程の美しさです。

きらびやかな金箔装飾が美しい大広間(舞踏の間)です。

・舞踏の間への入口です。 ・金箔装飾が見事です。

白の食堂。即、食事が出来そうな雰囲気です。






・宮殿入口 正面の階段です。

Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     ロシア-5/11
 
inserted by FC2 system