海外編       世界遺産の旅         ロシア-4/11
世界遺産の名称=サンクト・ペテルブルグ歴史地区(1990年登録)
サンクト・ペテルブルグの街-3 (サンクト・ペテルブルグ)
・ニコライ2世時代、1883年〜1907年完成のキリスト復活聖堂は色鮮やかな九つの塔が連立しています。一番高い中央の塔の高さは81mで、グリボエドフ運河沿いに建っています。

・ピヨートル大帝時代に建設された旧海軍省の建物の横に立つピヨートル大帝の騎馬像(青銅製)です。 旧海軍省の門です。

・旧海軍省の建物です。 ・グリボエドフ運河沿いに建つキリスト復活聖堂(交通標識の後方)です。

Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     ロシア-4/11 
 
inserted by FC2 system