海外編       世界遺産の旅         スペイン-16/18
世界遺産の名称=サラマンカ旧市街水道橋(1985年登録)
 
         サラマンカの旧市街  (サラマンカ)  
多くの行事が行われるスペインで一番美しい1755年完成のマヨール広場です。市役所として使われている部分もあります。

サラマンカ大聖堂です。 ・ローマ人造ったアーチ型のローマ橋がトルメス川に架かっています。

歴史を感じる古い建物が多く残っている街です。

大道芸人のパホーマンスです。まばたきもせずポールの上に直立していてマネキンか彫像かと錯覚しました。
                                                    
Homeへ戻る     Topへ戻る     戻る    次へ      スペイン-16/18

inserted by FC2 system