海外編       世界遺産の旅         モロッコ-1/3
世界遺産の名称=ヴォルビリスの古代遺跡 (1997年登録)
  ヴォルビリスの古代遺跡 (フェズ)   
モロッコに残る最大のローマ遺跡です。紀元前40年頃のこの遺跡は1887年から発掘が開始され、凱旋門や神殿、邸宅群、公衆浴場などの廃墟が修復されています。床面には所々、鮮明なモザイクの装飾模様が残っています。この日も抜けるような青空で気持が良い観光でした。

紀元前40年頃繁栄していた当時人口2万人いたと言われるモロッコのローマ都市ヴォルビリスの遺跡です。8つの城門がある城壁の長さは2300m余もあった。  
3世紀のローマ帝国敗退後はアラブの支配下となりました

Homeへ戻る     Topへ戻る     次へ     モロッコ-1/3 
 
inserted by FC2 system