海外編        世界遺産の旅           中国3
世界遺産の名称=開平の望楼と集落 (2007年登録)
    立園-1(開平)      
・「立園」はアメリカで貿易商を営み成功した華僑の「謝維立氏」により造られた邸宅と庭園です。華僑の故郷ここ「開平」に1926年より5年の歳月をかけ造られました。今年 2007年6月に「開平の望楼と集落」として世界遺産に登録されたばかりです。



高い門を通り抜けると、邸宅までの長いアプローチには、素晴らし庭園が広がっています。

1936年までは住居として使われていましたが、以後は観光地として管理されています。

素晴らしい庭園の向こうに邸宅が見えてきました

邸宅群の正面です。これが一個人のセカンドハウスとはすごい !

謝維立氏の彫像と邸宅です。西洋風のなかに中国風な感じがする建物です。


 邸宅の屋上です。中国風な造りです。

・調度品もそのまま残っています。 ・各階にこのような釜戸があります。

・昔といえどもバスタブや様式トイレが取り入れてあります。

・古井戸がありました。謝維立氏は茶農園を
持ち、茶の交易もしたらしく、この井戸水で茶道に興じていたのかも知れません。
                                                        
Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     中国-3
inserted by FC2 system