海外編       世界遺産の旅         トルコ-2/12
世界遺産の名称=イスタンブール歴史地区(1985年登録)
    ブルー・モスク   (イスターンブール)
オスマン帝国14代の王により1609年〜1616年に完成された巨大モスクで、直径23m、高さ43mの中心ドームを囲む様に30もの同形の小さなドームが連なっています。ドームの周りには6本の尖塔がそびえています。

・縦、横約50mの広い礼拝場の窓には見事なステンドグラスがはめ込まれていて、アーチ型の壁は聖地メッカの方向を向いています。


・この門より以内は王といえども馬から下乗しなければ進めない様に鎖が張られています。

Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     トルコ-2/12 
 
inserted by FC2 system