海外編       世界遺産の旅         トルコ10/12
世界遺産の名称=ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石群(1985年登録)
                 デヴレント     (カッパドキヤ)
先端が円錐状になっているキノコ形の奇岩の群れが林立している奇妙な情景です。かっては多くの隠れキリシタンが住んでいました。

ラクダに乗って歩くのではなく記念写真だけです。

Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     トルコ-10/12
 
inserted by FC2 system