チュニジア        Homeへ戻る 

2010年10月中旬にチュニジア10日間の旅に出かけました。チュニジアの国土は日本の40%の広さです。人口は1030万人、98%のアラブ人が住むアラブ系の国です。首都はチュニス、公用語はアラビア語ですが、国民の間ではフランス語が主に使われています。1956年にフランスから独立後、政体は共和制の二院制です。

チュニジアは北アフリカの地中海沿岸にあって、紀元前814年頃(縄文式時代前期) フェニキア人によりカルタゴの古代都市国家が建設されたのが国の始まりです。

その後ローマ、イスラム・アラブ、フランスなどから、次々に侵略されたことから、それらの国々の融合した文化や都市の遺跡を多く観ることができます。
大きな街は、アフリカ、ローマ、アラブ時代のメディナ(旧市街)と、またフランスの領土時代(1883〜1956年)の影響が残るヨーロッパ風の新市街にはっきり区分されています。チュニジアは古代と現代が同居している国です。特にチュニスの繁華街はヨーロッパそのものだと感じます。

チュニジアの八つの世界遺産のうち、この旅で七つの素晴らしい世界遺産を観ることができ、そして地中海の碧い海、また荒涼としたサハラ砂漠の中に忽然と現れるナツメヤシのオアシスといった自然のコントラストを楽しみながらの素晴らしい旅でした。 ” やはり世界は広い、素晴らしい文化や風景に出会えます ”

下の写真をクリックすると拡大表示が出来ます
(旅行先)


’13イギリス

タイ
(中部地方)

アメリカ西海岸

北イタリア

スイス

台湾

ルーマニア

イタリア

スロベニア

クロアチア

モンテネグロ

ボスニア・
ヘルツェゴビナ

チュニジア

オランダ

ルクセンブルク

ベルギー

アルゼンチン


ブラジル

ペルー

ギリシャ
 
中国
大連・瀋陽
旅順

 
中国・北京

中国・桂林

南フランス
北西部

エジプト

ニュージー
ランド
 
中国
蘇州・杭州

ロシア
 
トルコ
 
スイス

スペイン

ポルトガル

ノルウェー

デンマーク
 
フィンランド
 
スウェーデン
 
イタリア

チェコ

ハンガリー
 
 ドイツ
 
オーストリア
 
 カナダ
関空 → チュニス チュニス
1、関空からチュニジアへ 2、バルドー博物館-1 3、バルドー博物館-2 4、バルドー博物館モザイ・・ 5、夜のチュニスの街 6、チュニスの新市街
チュニス ケロアン
7、チェニスからケロアンへ 8、ケロアンのメディナ-1 9、ケロアンのメディナ-2 10、ガリアーニ霊廟 11、三つの扉のモスク 12、アグラブ朝の貯水池
ケロアン ケロアン→スース スース
13、シディ・サハブ霊廟 14、グランド・モスク−1 15、グランド・モスク−2 16、ケロアン、じゅう・・ 17、エルカンタウイ港−1 18、エルカンタウイ港−2
スース スース、ケロアン スベイトラ スベイトラ→トズール
19、スースのメディナ-1 20、スースのメディナ-2 21、スースとケロアンの車窓 22、スベイトラ遺跡-1 23、スベイトラ遺跡-2 24、スベイトラから・・
トズール
25、トズールの観光 26、ナツメヤシのオアシ・・ 27、泊った綺麗なホテル 28、ル・パラディ動物・・ 29、ダルシュライト博物館 30、サハラ砂漠の日の出
ネフタ シェビカ タメルザ ミデス ショット・エル・ジョリド
31、映画スタ・・-1 32、シェビカ山岳・・-1 33、シェビカ山岳・・-2 34、タメルザの山岳・・ 35、ミデスの山岳・・ 36、ショッ・・リド塩湖
ドゥーズ マトマタ マトマタ→スファックス スファックス
37、マトマタまでの風景 38、先住民の洞・・-1 39、映画スタ・・-2 40、マトマスからスフ・・ へ 41、カスバ-1 42、カスバ-2
スファックス エルジェム
43、スファックスのメディナ 44、スファックスの新市街 45、コロッセオ-1 46、コロッセオ-2 47、エルジェム博物館-1 48、エルジェム博物館-1
ハマメット ナブール シディ・ブ・サイド ケルクソン チュニス→ドゥッガ
49、ハマメットの町 50、陶器店・・旧市街 51、白とチューの街-1 52、白とチューの街-2 53、ケルクアン遺跡 54、チュニスからドゥッガへ
ドゥッガ カルタゴ
55、ドゥッガ遺跡-1 56、ドゥッガ遺跡-2 57、ドゥッガ遺跡-3 58、カルタゴの観光 59、カルタゴ国立博物館 60、アントニウスの浴場跡-1
カルタゴ チュニス→関空 b
nnnn
61、アントニウスの浴場跡-2 62、帰国の途 nnnn

モロッコ



           チュニジア (外務省)    ・Homeへ戻る
  
 イギリス

  
 フランス
 
 香港
                                               
inserted by FC2 system