海外編       世界遺産の旅         ロシア-8/11
世界遺産の名称=サンクト・ペテルブルグ歴史地区(1990年登録)
       赤の広場   (サンクト・ペテルブルグ)
赤の広場はクレムリンの赤い城壁、レーニン廟、聖ワシリー聖堂、グム百貨店、などが建つ広場で広さは73,000uもあります。クレムリンの城壁のスバスカヤの塔です。

クレムリンに隣接してある「赤の広場」は15世紀にイワン3世によって造ら、縦130m、横700mの広さで、旧ソ連時代にはメーデーや革命記念日のパレードが行われていました。広場中央には革命の父レーニンの柩が安置されているレーニン廟があります。左は聖ワシリー聖堂、右はスパスカヤ塔、その右は城壁です。




・赤の広場において、ひときわ目立つ多彩な民族色で装飾されているロシアで最も華麗なワシリー聖堂です。
                                                   
・左はレーニン廟、中央の青いきれいな塔はニコーリスカヤ塔(80.4m)、右の赤い建物は国立歴史博物館です。

左から ・レーニン廟、・ニコーリスカヤ塔(高さ80、4m)、・国立歴史博物館です。 ・レーニンの柩が安置されているレ−ニン廟です。手前はクレムリンの城壁です。
                                                    
・赤の広場には巨大な国営のグム百貨店があります。1893年建設です。 ・グム百貨店の内部です。

Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     ロシア-8/11
 
inserted by FC2 system