海外編          世界遺産の旅         イタリア-9/12
世界遺産の名称=バチカン市国 (1984年登録)
サン・ピエトロ寺院内部(パチカン市国・ローマ)
 ・天井のクーポラ(円屋根)から陽が差し込んでいる時です。院内が一番美しく壮厳さを増す時間帯です。中央にブロンズの天蓋(四角い屋根があり黒く見えるもの)があり、この下には聖ペテロの墓があります。 ・礼拝堂の奥正面には、大理石で作られた鳩のステンドグラスが輝いています。壮大で壮厳な大聖堂です。
                       
・礼拝堂の一番奥の正面です鳩のステンドグラスがさんさんと輝いています。
 ・ ステンドグラス部分をアップをすると、光の中で羽ばたく鳩(聖霊の象徴)の絵が見えます。

・天井のクーポラ(円屋根)は直径42mあり、ミケランジェロの設計です。陽の差し込みは院内を壮厳な、雰囲気にしています。
 ・ミケランジェロ作の嘆きの「ピエタ」の像です。彼が24才のときの作品です。我が子(イエス・キリスト)の亡骸を抱いて哀しむ美しい聖母マリアです。

院内回廊の一部分の天井に、彫刻ではないかと思われる、立体的に見える絵が沢山描かれています。説明があるまでは彫刻と思っていました。通称「だまし絵」と言っているそうです。


Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     イタリア-9/12 
 
inserted by FC2 system