海外編          世界遺産の旅         イタリア-8/12
世界遺産の名称=バチカン市国 (1984年登録)
バチカン広場(サン・ピエトロ広場)(バチカン市国)
 サン・ピエトロ寺院       
・ここバチカン広場は、カトリックの総本山、サン・ピエトロ寺院前の広場です。広場中央にオベリスク(記念碑)が空高くそびえています。面積は15,000u、収容人60,000人です。  ・バチカン市国は、世界最小の独立国です。独自の警察や法廷があり貨幣を造幣し、郵便局やラジオ局もあります。住民は、聖職者、衛兵など約1万人です。

・サン・ピエトロ寺院は、聖ペトロの墓の上に建っています。4世紀に建設され、1626年にミケランジェロなどにより再建されました。幅115m、高さ45m、あります。  ・バチカン市国の警備は、代々スイス人衛兵により行われています。中世をイメージした様なこのユニホームは、ミケランジェロのデザインが元になっていると言われています。



寺院の玄関入口も天井の装飾が素晴らしい。内部は次の頁に載せています。

              
Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     イタリア-8/12 
 
inserted by FC2 system