海外編       世界遺産の旅       フランス-12/15
世界遺産の名称=パリのセーヌ河岸(1991年登録
セーヌ河岸の眺め (パリ)
(ノートルダム寺院の塔の上からの眺望です)
【東側の眺望】。セーヌ川にクルーズ船が走っています。屋根の上に、多くのブロンズ製の聖人たちが立っています。

・【東側の眺望】セーヌ川遊覧クルーズの船つき場が見えます。 ・【西側の眺望】はるか向こうにかすかにエッフェル塔が見えます。

・【北側の眺望】小高い丘はモンマルトルの丘です。丘の上にサクレクール寺院が見えます。この丘には若き日のピカソやルノワール、ユトリロなどが19世紀頃、暮らした場所があります。 ・【北側の眺望】伝説上の怪物キマライのくちばしの下にモンマルトルの丘のサクレクール寺院が見えます。

・【南側の眺望】ドーム状の屋根のパンテオンが見えます。 ・【西側の眺望】私達が乗ったセーヌ川・遊覧クルーズ船の船つき場が見えます。

Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る    次へ     フランス-12/15

inserted by FC2 system