海外編       世界遺産の旅         エジプト-9/10
世界遺産の名称=アブ・シンベルからフェラエまでのヌビア遺跡群(1979年登録)
            イシス神殿   (アスワン・ナイル川・アギルキア島) 
・大きな塔門には古代神話の絵が浮き彫りされています。
11年の歳月をかけ建設されたアスワン・ハイダム(1960年〜1971年)の人造湖による水没を避けるため、イシス神殿はフィラエ島から、ここアギルキア島に移設(1980年)されました。神殿は約4万個の石塊に解体し移設されました。
                       

・現存する建築物の大部分はローマ支配時代に建てられたものです。 ナイル川と神殿の建物が調和した美しい風景が続いています。

Homeへ戻る    Topへ戻る     戻る     次へ     エジプト-9/10

 
inserted by FC2 system