海外編       世界遺産の旅         エジプト-3/10
世界遺産の名称=メンフィスとその墓地遺跡ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(1979年登録)
              
                     スフィンクス      (カイロ・ギザ地区)
カフラー王のピラミイドの北に位置する大スフィンクスです。長さ57m、高さ20mでエジプト最古で最大のスフィンクスです。顔はカフラー王に似せて造られていると言われています。後ろにカフラー王のピラミッド、右にクフ王のピラミッドが見えます。

大スフィンクスは石切り作業の後に残った岩の小山そのもを彫り込み造られています。

・後ろから見ると、何か愛嬌のある格好をしています。 ・多くの観光客が訪れています。後ろはカフラー王のピラミッドです。

Homeへ戻る     Topへ戻る    戻る     次へ     エジプト-3/10 

inserted by FC2 system