海外編       世界遺産の旅         エジプト-1/10
世界遺産の名称=メンフィスとその墓地遺跡ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(1979年登録)

  ギザの3大ピラミッド  (カイロ・ギザ地区)
4500年前建造のギザの3大ピラミッドです。左から エジプト最大の「クフ王のピラミッド」、「カフラ王のピラミッド」、「メンカウラ王のピラミッド」です。

・クフ王のピラミッド。基底部1辺230m、高さ146m、世界最大の石造建築物です。 ・クフ王のピラミッド。内部への入口が見えます。200万〜300万個の石灰岩が積み上げられていると言われています。
                        
・人気のクフ王のピラミッドのチケット売り場は多くの観光客でにぎわっています。
・カフラー王のピラミッドは基底部1辺215m、高さ143m、保存状態が良いピラミッドです。

・メンカウラー王のピラミッドは基底部1辺108m、高さ66mと他の2基のピラミッドの約半分程の小型ピラミッドです。このピラミッドの向こうの西方はリビア砂漠が続いています。

・エジプトでは街中や駅、観光地など人が →
→ 集まる所では警察の警らが、さかんに行われています。これは1997年にハトシェプスト女王葬祭殿であった観光客への無差別銃撃テロ事件以来、安全確保のために厳しく行われています。

おみやげ屋さんとラクダ乗り場は観光客で、にぎわっています。

Homeへ戻る     Topへ戻る      次へ     エジプト-1/10 

 
inserted by FC2 system