海外編       世界遺産の旅         中国-1
世界遺産の名称=蘇州古典園林(1997年登録)
               拙政園-1 (せっせいえん)     (蘇州)   
明時代の16世紀初めに造営され、蘇州の古典庭園のなかでも最大の4万uと広く、明時代の典型をなす中国四大名園の一つで世界遺産に登録されています。

緑や亭が水面に映え見事な美しさです。

多くの垂れ柳の古木が庭園を静かで落ち着きのある雰囲気に演出しています。

八角形をした美形の浮翠閣です。

・庭園入口に世界遺産のプレートがあり、背後には水の浸食で無数の穴が開いている白い奇岩「太湖石」が配されています。園内にも多くの「太湖石」が配されています。 修学旅行でしょうか、中国の中学生が園内を見学しています。

蘇州は運河の町、水の都と言われているとおり、池や堀のほとりに明時代の建物や回廊が配されていて見事な景観です。

Homeへ戻る     Topへ戻る       次へ     中国-1 
 
inserted by FC2 system