海外編       世界遺産の旅            中国-16
世界遺産の名称=天壇 (1998年登録)
                天壇公園-1          天壇-1/2
天壇は1420年に首都 北京を建設する際、五穀豊穣を祈るために建立されました。
祈年殿(きねんでん)は天壇の中心をなす建物です。正月には皇帝が五穀豊穣を祈るなど、皇帝が年3回、天に向かい祈りを捧げたと言われています。

長廊を渡り祈年殿の方に向かいます。当時はこの長廊を渡り料理を運んだそうです。

長廊では多くのシニアの人達が自分の趣味を披露するなどパホーマンスを楽しんでいます。ここではカラオケの披露しています。見学者が通行出来ない程の盛り上がり様で、みなさん健康のためにやっている様子です。

・長廊を渡り側面の門より祈年殿に入ります。 ・正面の祈年門内部より祈年殿を見ています。

・祈年殿の内部です。3層の建物は28本の柱で支えられ釘が1本も使われていない木造建築です。一番内側の4本の柱は春夏秋冬の季節をあらわしています。 ・中央の天井の色彩はきらびやかです。太陽をイメージしているのでしょうか。

・3層目の祈年殿の額です。軒下の木組みの装飾は見事です。

多くの見物者が訪れています。
                                                        天壇-1/2
                  
           Homeへ戻る      Topへ戻る       戻る      次へ          中国-16
inserted by FC2 system